海への思い~Yoshi's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シンプル

DSCF1200.jpg

1/160 F22 TTL
私は、こんなシンプルな写真も好き。
よく見るとガラスハゼも見えるはずです。
写真は引き算と良く言いますね。ファインダー内には色々な物が入り込んで来る。
その中で何が必要なのかを考え、不必要と思える物を、角度を変えたり、
ズームしたりして排除して行く事が大切です。ワイドは一つの絵の中に、
色々な要素を入れる事が出来ます。しかし、マクロの場合、画劃が狭い分だけ
沢山入れると煩くなってしまい、何を言いたいのか判らない写真になりがちです。
「パッと見て判り、よく見るともっと判る」こんな写真を撮りたいですね。

ガラスハゼは、生まれると稚魚は水面に行きます。
3mm程度に成長すると海底に向かい、ホストのムチカラマツを探す訳です。
初めてムチカラマツに付く場合、ムチカラマツと言えども、やはりサンゴですから、
毒が有ります。稚魚が直接触手の中に飛び込めば、食べられてしまうのです。
そこで、身体を触れない様に泳ぎながら、少しずつ触手を食べ、その毒性を
身体の外側である皮膚に送り込み、体全体をシールドする様にします。
そこで、初めてムチカラマツに触れる事が出来ます。
注意して見れば、皆さんも見る事が出来るはずです。見てみて下さい。
このような方法を取る生物は他にも居てクマノミがその代表的生物です。

この大海原の中で、1本のムチカラマツと出会う確率は非常に悪く、
ましてやペアになる事はもっと難しいはず。それを可能にする為には
数多くの卵を産む事で少しでも確率を高めているのでしょう。
凄いなぁ~。
  1. 2007/11/27(火) 16:25:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<アップと引き | ホーム | Black&white>>

コメント

あの小さいガラスハゼがそんな苦労をしてムチカラマツについていたとは…

しかも少しづつ毒に慣れるよーにしてるなんてhttp://blog101.fc2.com/image/icon/i/F9A9.gif" alt="" width="12" height="12">驚きhttp://blog101.fc2.com/image/icon/i/F9A9.gif" alt="" width="12" height="12">
今度はしっかり見ないとね
  1. 2007/11/27(火) 20:00:06 |
  2. URL |
  3. ゆうこ #-
  4. [ 編集]

そうだったんだぁ~
これから、海の中で見る目が変わって、ジ~っとみないと!!毎日ためになる話をありがとうです。
明日も、頑張るぞ~v-30
  1. 2007/11/27(火) 21:01:49 |
  2. URL |
  3. マンタ #-
  4. [ 編集]

凄いですね!

アラックです。
毒を食べて、身に入れてしまうのですね。
自分でワクチンを食べるなんて、自然界は
素晴らしいですね。
小さい物を大きく撮るのも素晴らしいですが、
環境を一緒に撮ることも良いですね。
  1. 2007/11/27(火) 22:10:56 |
  2. URL |
  3. アラック #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ウミウシカクレエビ

先日、ウミウシの表皮には毒があるお話しで、ニシキウミウシ等に付くウミウシカクレエビも同じように、毒になれていってるのでしょうか?
  1. 2007/11/27(火) 23:41:11 |
  2. URL |
  3. コミカルブレニー #NgDLdiQA
  4. [ 編集]

アラックさんへ
そうですね、生き残るためとはいえ、
様々な適応には驚かされます。
何千年という長いの努力の賜物なんでしょう。
凄いですね。

コミカルさんへ
ウミウシは表皮に毒があって他の生物から
食べられない事は、有名ですが、触手が無いので
触っても大丈夫なんです。だから、
エビは食べたりしません。
エビの生態に付いては、また今度書きますね。
  1. 2007/11/28(水) 07:50:13 |
  2. URL |
  3. ウニャラ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unyaraunyara.blog101.fc2.com/tb.php/8-f3da009d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
photographer Yoshi Hirata live in Cebu・Philippines.
This is a diary of the photograph taken in water.

セブ・マクタン在住 水中写真家Yoshi平田。
水中で撮影した写真の日記です。
掲載の写真の版権はすべて撮影者に帰属します。
無断使用は固くお断りします

著書   出版:海游舍 
「おらが海」
「With...」

生き物大好き。現在ワンコ8匹。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

海への思い

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。