海への思い~Yoshi's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何気に好き。

DSCF3082.jpg

ハギやフグって好きなんです。
目つきや仕草が何となく可愛い。
でも、シマウミスズメって逃げる。せっかく可愛く撮りたいのに
すぐ逃げちゃう、それでも追いかけて行くと急に振り返って、
今度はバックで逃げる。ここぞとダッシュして間合いを詰めると
また前を向いて逃げる。撮れないじゃん!
いつもそんな感じで間の空いた写真ばかりだったんだけど、
一昨日の子は良い子。バリバリに青筋が出ててるし逃げない。
スジモヨウフグとも仲良くしてるし、ファインダーに近づいて来る。
こっちがバックで下がりながら、、、いつもの逆だわ。
何でなんだろうなぁ?
聞いてみたいな。そしたらもっと良い写真撮れるかも、、、。

DSCF3089.jpg

四角と○。

ご存知、フグにはテトロドトキシンと言う毒があり、300度に加熱しても
その毒性は変わらないので、毒を含む箇所は、煮ても焼いても食べられない。
食用とされているフグは筋肉には毒性の無い物を利用されるが、
このスジモヨウフグは筋肉を含む全ての臓器に毒を含むので、
食べちゃダメ。

こちらの市場に行くとモヨウフグが売っている。スジモヨウフグではなく
モヨウフグ。売ってる叔母ちゃんに、「これ食べれるの?」って聞いたら
「食べれる」って、「食べた事ある?」つて聞いたら「無い」って。
うむむ?「どうやって食べるの?」って聞くと「知らない」って、、、、

「買っていった人、また来た?」って聞いたら、
うむ~~、覚えてないって、、、、やばいよなぁ。
モヨウフグはスジモヨウフグと違い、筋肉には毒が無いので、
皮を剥がし、内蔵を壊さない様に取り除き薄皮も良く剥がせば
食べられるけど、知ってるのかなぁ?????
まぁ、どの世の中にもチャレンジャーは居るので、お任せしよう。

一方、ウミスズメやハコフグには毒が無いと言われているが、
ウミスズメの肝臓を食してフグ毒中毒で危篤状態が記録され
ているので、食べない方が良いです。
ある地方は肝臓ごとミソ焼きにするのが伝統料理だったりしますが、
産卵期や地域などで大きく違う様です。
シマウミスズメはまだ研究する余地があるので、食べちゃダメ。

これらハコフグの仲間達は、パフトキシンと言う粘液毒を持つ事は
知ってると思うけど、バケツの中に入れると危険を感じ皮膚から
粘液を出す。この粘液に毒が含まれていてバケツの中の他の魚は
死にます。また、大量に出した場合は免疫力が少ない為本人も
死んでしまいます。
自然界では襲った魚が口にくわえた場合に威力を
発揮するんでしょうね。その場合でも、閉鎖された環境ではないので
自分まで死ぬと言う事はないのですが、食べた魚は驚くだろうなぁ。
痺れるんだろうか?




  1. 2008/01/12(土) 16:04:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<お行儀が悪いよ。 | ホーム | 感覚の違い。>>

コメント

へぇぇ~~

そんなに毒ってあるんだ!!
市場のおばちゃんの話、面白い(笑)
ぜひ、思い出してほしいなぁ!!
また、買いに来た人はいるのか!?
こっちのローカルって、取れた魚何でも食べるからねぇ~!!
前に、ボートマン、ガンガゼじゃなくて、ラッパウに食べてたよ
美味しいの?って聞いたら、アレジーが出るから、
私は、食べちゃダメって!!
毒だよねぇぇ~~~
  1. 2008/01/12(土) 22:02:18 |
  2. URL |
  3. マンタ #-
  4. [ 編集]

初めまして!

シマウミスズメって可愛いですよね!
私も好きでよく撮りますがなかなか上手く撮れません。
以前から素敵な写真と同時に何時も為になる記事を大変興味深く拝見しておりました、
今回も河豚毒のうんちくとても勉強になりました。
それと写真の撮り方等のお話もとても分かり易く凄く参考になります。
またお邪魔しますので宜しくお願いいたします。
恐縮ですがリンクいただいてまいります!
  1. 2008/01/14(月) 14:24:01 |
  2. URL |
  3. Kevin #NqNw5XB.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/01/14(月) 14:26:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unyaraunyara.blog101.fc2.com/tb.php/38-22b84599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
photographer Yoshi Hirata live in Cebu・Philippines.
This is a diary of the photograph taken in water.

セブ・マクタン在住 水中写真家Yoshi平田。
水中で撮影した写真の日記です。
掲載の写真の版権はすべて撮影者に帰属します。
無断使用は固くお断りします

著書   出版:海游舍 
「おらが海」
「With...」

生き物大好き。現在ワンコ8匹。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

海への思い

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。