海への思い~Yoshi's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

滅多な事などいたさぬが

DSCF2897.jpg

共生ハゼの暮す穴は、ご存知の様にエビが掘っている。
ハゼは危険を感じると穴に逃げるけど、何処に逃げてるか知ってますか?

入り口から10cmくらいの所に横穴があり、それがハゼの場所なんです。
そこから先はエビの専用穴。なので、シルト状の柔らかい砂の場合、
その辺を掌でそぉ~っと押すとハゼの巣穴が潰れてポンと飛び出して来る。
(やっちゃダメよ)

エビも繁殖しなければならないので、異性を探す為に横穴を広げます。
色々なエビが掘り続けている訳ですから、いつか同種の異性に出会う訳です。
その後、どちらかの巣穴にペアで住む事になるのですが、
仮にエビ♂とハゼ♂、エビ♀とハゼ♂が隣りに暮してて、
エビ同士が出来ちゃった場合、ハゼは♂♂なので、同性愛ハゼとなる。
そんなの、なる訳ねぇー♪ 

♂のハゼどうしで戦い強い方がエビのペアと暮す訳でして、
負けたハゼ男君は、嫁いでしまったエビ子さんを忍びながら一人寂しく
暮す訳です。もともと無精で整理整頓出来ないハゼ男君ですから、
住処は徐々に荒れていき、見るも無惨な惨めな生活。
あぁ~悲し。まだここで泣くのは早い。

ついにハゼ男君の部屋も壊れ始めました。このままではとうにもなりません。
旅ガラスならぬ旅ハゼ、意を決して巣穴を捨てて旅に出る。
旅ハゼの目的は新しい穴を見つける事。それも自分のサイズに合っている穴。
危険を冒しながら旅を続けるのであった。

そして、見つけた! 手頃な穴だ! その住人いや住ハゼが♀なら入り易い。
「はじめまして、私ハゼ男と申します。今、旅の途中なのですが、一目見て
 この海の物とは思えない美しさに心を奪われ、つい声をかけてしまいました」
「無礼をお許し下さい。ところで、御一人でお住まいですか?」
「うむ~、しかし、この辺は何かと物騒、ハゼ女一人ではさぞ心細かろう」
「そうだ、拙者が守ってしんぜよう。いやいや無駄なご心配にはおよばぬ」
「ほう、若い美空で男と同居となると、少々ご心配とな」
「いやいや拙者も武士の端くれ、滅多な事などいたさぬ」(いつから武士になったんだ)
「滅多な事などいたさぬが、滅多な事などいたしたらなんとしょ~う」

なぁ~んて感じで口説くんだろうけど、

相手が♂の場合は、眼の飛ばし合いから始まり、強烈なバトル。
そして強い方が巣穴を奪い取る訳です。

逆に、ハゼ同士がくっ付いた場合、エビの片方はハゼを無くす。
その場合は、入り口を閉じて触覚だけを隙間から出し、
旅ハゼを待つ。
エビ♂ハゼ♂ × エビ♀ハゼ♀ならダブルカップル誕生!
合コンおめでと~うってなるのにね。

今日の写真は、その追い出されて砂地をフラフラしてたハゼを追ってたら、
エソの様に砂地に潜ったって写真です。
  1. 2008/01/10(木) 14:19:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<感覚の違い。 | ホーム | 新年早々涙そうそう>>

コメント

賃貸 独身寮建設を求む!!

ハゼ男
  1. 2008/01/10(木) 16:47:30 |
  2. URL |
  3. うえむら #-
  4. [ 編集]

長年の疑問

が解決しました。
時代劇仕立ても痛快っす。
  1. 2008/01/10(木) 18:00:36 |
  2. URL |
  3. オケモリ #-
  4. [ 編集]

面白い!

写真も面白いですが、物語が面白いっす!
今後この様なシーンに出くわしたら絶対に時代劇風な会話が脳裏によぎるだろうな~。
  1. 2008/01/10(木) 23:11:58 |
  2. URL |
  3. てる★彡 #9q2FTWbs
  4. [ 編集]

すべては・・・

イナミさんの歌のせいだ(笑)
ハゼも大変なんだねぇ~
  1. 2008/01/11(金) 09:10:36 |
  2. URL |
  3. マンタ #-
  4. [ 編集]

意味の判らない方の為に、
「いやいや拙者も武士の端くれ、、、、」とは、
大昔あのねのねが歌ってたお色気ソングです。
あの頃は、
ちんちんの歌とか、
屁ーこきましたね貴方~とか、
色々面白い歌があったなぁ。
今より社会がもっと大らかだった様な気がする。
  1. 2008/01/11(金) 18:14:04 |
  2. URL |
  3. うにゃら #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unyaraunyara.blog101.fc2.com/tb.php/36-c7698d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
photographer Yoshi Hirata live in Cebu・Philippines.
This is a diary of the photograph taken in water.

セブ・マクタン在住 水中写真家Yoshi平田。
水中で撮影した写真の日記です。
掲載の写真の版権はすべて撮影者に帰属します。
無断使用は固くお断りします

著書   出版:海游舍 
「おらが海」
「With...」

生き物大好き。現在ワンコ8匹。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

海への思い

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。