海への思い~Yoshi's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死んだ魚を見ない訳

DSCF2028 のコピー

今日は、久々に南のポイントへGO~!
トモが呼ぶので見に行ったら貝が死んだゴンズイに近づいて行くところでした。
これは、食べるなと判断して直ぐ撮影開始。
この貝の名前はジュドウマクラガイの黒型です。

この行動は「死んだ魚を見ない訳」の一つ。
この手の貝は、食べ物を見つけると、素早く砂の中に引きずり込んで、
それからゆっくり食べる。だから、死んだ魚が見えないんですね。
そうです、海のお掃除屋さんです。これらの生物が居ないと海底には
養分が溜り過ぎる事となり、他の生物も暮せなくなります。

リサーチで始めての砂地を見る時、始めに、ゴンズイ・ウニの仲間・
ヒトデの仲間・ナマコの仲間・ヒメジの仲間、これら、食生活に於いて
砂を利用している生物の数を見ます。これで餌や適度な養分を含んだ
豊かな砂地かどうかが解るからです。
逆に、これらが見られない場所は、環境に何らかの問題があると判断します。

海の浄化は貝を含め、ダイバーにとって脇役に成りがちな地味な生物の方が
役に立ってる。これも皮肉な事ですね。
DSCF2032 のコピー

DSCF2038 のコピー

DSCF2050 のコピー

DSCF2055 のコピー
  1. 2007/12/18(火) 16:21:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<オオモンカエルアンコウ | ホーム | コシオリエビ>>

コメント

うひゃ~

すごい。
見たことないです。
完全に入るまでどれくらいの時間なんですか?

道理で見ない訳だ。
  1. 2007/12/18(火) 17:07:19 |
  2. URL |
  3. オケモリ #-
  4. [ 編集]

砂の中ってみんな引きずり込むんですね

ミナミホタテウミヘビがイトヒキアジ成魚を砂の中に引きずり込んだ時も驚きましたが、ハナヒゲウツボも表に出てない時は砂の中でお食事中のようですね。
かなり大きなものも引きずり込むところを見ました。

卵もほとんどの魚種が1mm2mm。孵化後、産まれたては食べられるために食べやすいサイズなんのだとか・・・
多くが老衰で死ねるのは地球上では人間とペットだけとか言う話ですね。
  1. 2007/12/18(火) 17:51:32 |
  2. URL |
  3. フォトグ@赤木 #-
  4. [ 編集]

びっくり!!

すご~い、連続で撮ってたのは、このためか!!
貝の動きが意外にも速いのと、砂の中にひっぱりこむパワーが凄かったよぉ~
自分より大きい物なのに・・・・
すごい力だ。。。
食べきるまで、どのぐらいかかるんだろう??
  1. 2007/12/18(火) 17:59:01 |
  2. URL |
  3. マンタ #-
  4. [ 編集]

そう言う題名の本を読んだことがありますが、
砂の中に引きづりこんでから食べるのはしりませんでした・・・

勉強になります!!
  1. 2007/12/18(火) 18:32:56 |
  2. URL |
  3. saya #-
  4. [ 編集]

凄いけれども恐ろしいか??

ヨシさん、アラックです。
恐ろしいくらいですが、これで自然の環境が
守られているのですね、自然の驚異ですね。
3月26日~4月1日で見積もりをしてもらいました。
行きたいです。
  1. 2007/12/18(火) 21:36:00 |
  2. URL |
  3. アラック #mQop/nM.
  4. [ 編集]

すごい!

毎日、勉強になり話ばかりですが、今日のもビックリです。
リサーチもそういう判断があるのですね。
これから死んだ魚を見つけたら、ジーっと様子を見てみよーっと。
来週からヨロシクで~す (●^o^●) V
  1. 2007/12/18(火) 21:41:07 |
  2. URL |
  3. てる★彡 #9q2FTWbs
  4. [ 編集]

改めて。。。。

改めまして、ウニャラさま、賢2です(爆)
日本へ出かけており、巡回が遅くなりました(^^;

先日レンベのナイトででボビットワームが魚を引きずり込んでいるのを見ましたが。。。
きっと砂の中にも色んなバクテリアがいて
浄化しているんでしょうね。。。
初めての砂地でのリサーチ、、、感服です。
賢2ならきっとハゼを探してしまうでしょう(笑)

1週間分まとめてざ~っと拝見しましたが
古代人、大うけっす。なはは~
  1. 2007/12/18(火) 22:09:42 |
  2. URL |
  3. 賢2 #-
  4. [ 編集]

へぇ~

連続写真が撮れる程早いって事なのね。
ゆっくりだったら他の仲間に横取りされるから?

自然て凄いね~!
  1. 2007/12/18(火) 23:32:33 |
  2. URL |
  3. ゆうこ #-
  4. [ 編集]

貝も

いろんなこと考えてるんだなぁ。
貝がどうやってメシ食ってるのかと思ってた。
貝を馬鹿にしてました。ごめんなさい。
約10分間くらいの出来事なのですね。
  1. 2007/12/18(火) 23:46:36 |
  2. URL |
  3. ゆうさん #xtMHaL/Y
  4. [ 編集]

オケモリさんへ
最初の写真から最後の写真までは8分でした。

赤木さんへ
そうですね、命と言うのは他の生物から見たら同時に
餌でもある訳で、例えば森で死して朽ち果てるにしても
バクテリア等に分解され自然の一部に戻ります。
骨壺の中だけでは自然に帰り様が無いものなぁ。
人間界は自然を消費するだけで還元してないですね。

マンタさんへ
魚が他の生物から食べられる時、臓器から食べられる
ケースが殆どで、貝にしても、骨格と肉は食べずに
目を含む臓器から食べると思いますよ。
だから、結構早いです。

Sayaさんへ
他にも、カニ、シャコなんかも引きずり込んで食べてるよ。
マブールの時、ダイナマイト漁の後、グルクンが沢山砂地
に頭から刺さってた。おかしいと思ってシッポを引っ張ったら
カニが砂から出て来たってこともありましたよ。

アラックさんへ
はい、いつでも来て下さい。
待ってま~す。

テルさんへ
もう来週ですね、また一年歳とるのだな。ははは。

賢2さんへ
水中は面白いよねぇ~、尽きないわ。

ゆうこさんへ
そうだね、早い者勝ちの世界だからね。
でも、餌に出会う確率って少ないんだよ。
こんなごちそうは2ヶ月に1回も無いはず。

ゆうさんへ
そう、8分くらいの出来事。
他の被写体撮ってるうちに無くなっちゃう。



  1. 2007/12/19(水) 07:19:06 |
  2. URL |
  3. うにゃら #-
  4. [ 編集]

砂地でのリサーチの話、すごーく勉強になります!
ロンボクのサービスやってる友達にも「これ読んで勉強しろ!」と早速言うときます!!
  1. 2007/12/19(水) 12:56:50 |
  2. URL |
  3. 香 #LkZag.iM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unyaraunyara.blog101.fc2.com/tb.php/24-bfce9559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
photographer Yoshi Hirata live in Cebu・Philippines.
This is a diary of the photograph taken in water.

セブ・マクタン在住 水中写真家Yoshi平田。
水中で撮影した写真の日記です。
掲載の写真の版権はすべて撮影者に帰属します。
無断使用は固くお断りします

著書   出版:海游舍 
「おらが海」
「With...」

生き物大好き。現在ワンコ8匹。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

海への思い

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。