海への思い~Yoshi's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンガゼに刺された

DSCF0972.jpg

ガンガゼ刺されたと言うのは間違いですね。
自分から刺しちゃいました、ガンガゼさんすみません。
ミカドウミウシとそこに暮すウミウシカクレエビを探して大きな岩を持ち上げて、
「居たぁ~!」と思った所にその岩が倒れかかって来た。
慌てて左手で岩を押さえたら、「ブス!」 痛いのなんのって、あんたそりぉ~大変です。
何度もガンガゼは刺してるけど、今回のは岩の重力と素早い左手の動きのカウンターパンチ。
凄く深くまで全部で7カ所。しっかりと黒いマークが出来てて、黒い北斗七星。(涙)

あれから、3日目。北斗七星も身体に吸収され溶けたので、無くなりました。
今は全然痛くないけど、腫れはまだ治りません。
そして、痒い! 滅茶痒い! 手のひらが水虫になった様に痒いんです。
手のひらは皮膚が厚いから掻いても効かない。
こんな経験はしない方が良いですよ、皆さん。
気をつけましょう。

さて、昨日の日記に対しての追記になってしまうのですが、
被写界深度の事を話しましょう。

「絞りを変えてもファインダーから見える絵に違いは出ません」
カメラのファインダーは、いつでもレンズの開放値(F2.8とか小さい数字)で
見える様に出来ているんです。何故かと言うと、仮にF""にした場合、
絞りの穴が小さくなってしまうのでファインダーが暗くなってしまって
撮影が難しくなってしまいます。だから、見る時はF2.8、撮った写真は
その時設定した絞り値という具合になります。

ハウジングからでは操作出来ませんが、陸上でならカメラにプレビューボタンが
付いていて、押した時に、実際の被写界深度で見る事が出来ます。
一度試してみて下さい。

しかし、逆に考えれば、もしホワンとして後ろのボケた写真を撮りたい時、絞りを2.8に
設定すると、今見ている通りの被写界深度で撮れると言う事です。わかりますか?

簡単に言うと絞りは、窓です。そして、シャッタースピードは、光の量。
小さな窓から少しの光しか入らない場合、部屋は暗い。
大きな窓から多くの光が入れば部屋は滅茶苦茶明るい。
しかし、中位の光が欲しい時、どうすれば良い?
カーテンを開けたり閉めたりして調整すれば良いでしょ。

写真の場合も同じで、もし、F2.8で撮りたい時、F2.8は大きな窓、そこに光が入り過ぎたり
しない様に、シャッタースピードと言うカーテンで調整する。
実際にはファインダー内のインジゲーター(+とか-とか書いてある物差しの様な表示)が
+-0になる様に調整する。ストロボを使わない自然光での撮影はこれでOK。
奇麗な青になる。
でも、ストロボを使う場合、プラマイ0にストロボ光が追加されたら光が多すぎる。
だから、ストロボを使う場合は、インジゲーターがマイナスになってないとダメな訳です。
ビギナーの人は、あまりインジゲーター見ないと思うけど、見ないとバックの青が作れません。

私がやっている方法の一つは、
1. カメラの測光モードをスポット測光を選択。
2. 絞りを設定する(仮にF5.6とします)
3. そこで被写体と向かいあって、ファインダーの中心をバックの青にしたい部分に合わす。
    (例えば青い海の中にムチヤギの場合、ムチヤギではなく青い海の部分)
4. そして、シャッタースビードを動かしてプラマイ0に合わせる。
(オイラはちょっと濃いめの青が好きだからマイナス気味にしてます)
5. そして、撮りたい構図にしてシャッターを押す。
6. オーバーなりアンダーな場合、ストロボ光を調節する。
これで青バックのストロボ撮影が出来きます。
なんか難しそうに聞こえるけど、やってみたら簡単ですよ。トライ!

また、イルカ、クジラ、ジンベイなどの撮影時に10.5mmを使用する場合、
フォーカスギアは外してしまう。オートフォーカスにして1mでピントを合わせ、
その後、ハウジングのモードをマニュアルフォーカスに変える。
これで半押ししてもフォーカスは動かないし、間違ってフォーカスギアを動かしても
ギアが付いてないんだから動かない。次にF5.6又はF8(天気によって)に合わせると、
パンフォーカスだから、何処でも合う。モードは絞り優先オート。アンダー目を狙うなら
露出補正で調整。 これで殆どのプロは撮ってます。なぁ~んだ、でしょ。
超~簡単よ。 きょうの文章は長~い。


  1. 2007/11/30(金) 16:23:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<チョキ | ホーム | ソフト&ハード>>

コメント

ガーン(O_O)!

ビデオから転向しようと思って本を読みながら勉強中です。。。
だけど「絞りを変えても液晶に反映しない」ってショックです。つまり撮ってみなきゃわからないってことですよね?
「絞りが窓でシャッタースピードがカーテン」まではすごくわかった気がしたんですけれど、すべてが液晶に反映して確認できるのかと思ってました。(すみません。ビギナー未満の未体験者なものなので)
なんか。。。できる気がしなくなってきた(^-^;  
ガンガゼの傷、お大事に~!
  1. 2007/11/30(金) 18:05:44 |
  2. URL |
  3. まり #-
  4. [ 編集]

まりちゃんへ
あはは、案ずるより産むが易し。
今は、TTLが使えるので、なにも気にしなくても
ピントを合わせてシャッターを切れば撮れます。
あはははは。
今日書いた様な事は、次へのステップアップの一つです。
撮ったら見れる、昔の様にフィルムの無駄使いが無くなった
から、早く旨くなれるよ。でも始めないと上手くもならない。
だいじょ~うぶ!
  1. 2007/11/30(金) 18:30:01 |
  2. URL |
  3. ウニャラ #-
  4. [ 編集]

脳みそが、プゥ~だから、いつも難しい話は???
だったけど、そぉ~か!!カーテンか!!
タメになりました。
さっそく明日からv-222
  1. 2007/11/30(金) 19:06:07 |
  2. URL |
  3. マンタ #-
  4. [ 編集]

今練習中です。

今回青抜きのやり方を教えてもらったので、できる限り同じ被写体で、青抜きと黒抜きの二枚を撮るようにして練習しています。
なかなか、思った色にならないんですよね~。
ムズカシイ!
  1. 2007/11/30(金) 19:26:19 |
  2. URL |
  3. のんだいばぁ〜 #-
  4. [ 編集]

印刷しています。

ヨシさん、アラックです。
夜は、夫婦で晩酌で楽しくの毎日ですので、今日の
講習は印刷をして勉強をします。
頭が悪く、目も悪いアラックでした。
私も、ガンガゼにつっこんでいます。
ウツボの口にチャレンジして(気がつきませんでしたが)肘から、緑の血を流したこともありました。
  1. 2007/11/30(金) 21:03:41 |
  2. URL |
  3. アラック #mQop/nM.
  4. [ 編集]

刺さっていった、ですね

ガンガゼに刺された、違う、ガンガゼに刺さっていった私の右腕が痒いよ~。右腕のばかやろ~。
  1. 2007/11/30(金) 21:41:22 |
  2. URL |
  3. ゆうさん #xtMHaL/Y
  4. [ 編集]

うんうん。

YOSHIさん、こんにちわ~。
すごく勉強になる話ばかりで毎日読みながら一人相槌を打っております。
↑↑↑
上のインジケーターと青バックの関係は8末に行った時に教えてもらったやり方ですネ!
確かにすぐにできたので感激したのを覚えてます。
ずっとTTL任せだったんですが、最近やっとファインダー内のインジケーター気にするようになりました(^_^;)
  1. 2007/12/01(土) 00:49:56 |
  2. URL |
  3. AKEMI #-
  4. [ 編集]

目からウロコが

また落ちました。
イルカやアシカはそうやってるんですね!広角は普段使わないので気がつきませんでした。知るとやってみたくなりますねぇ~。

  1. 2007/12/01(土) 08:21:02 |
  2. URL |
  3. オケモリ #-
  4. [ 編集]

マンタさん、ノンダイバーさん、頑張りましょう~。
慣れだから、自然に手が動く様になるよ。

アラックさんへ
ウツボに肘ですかぁ、オイラも、オニダルマ、ヒメオニオコゼ、
オニヒトデと、色々とやってます。あれ? みんな鬼が付くなぁ。

ゆうさんへ
そうなのよ、ガンガゼが向かってくる訳じゃなくて
こっちが行かない限り刺さらない。
だから、悔しいんだよねぇ~。

Akemiさんへ
良い写真撮ってね。 そしたら見せて。

オケモリさんへ
そうなんです。簡単なのよ。
動き回る被写体だと絞りを動かしている暇がないから
オートが有効なんです。
  1. 2007/12/01(土) 15:12:52 |
  2. URL |
  3. ウニャラ #-
  4. [ 編集]

通りすがりですが質問させて下さい
ワイドの設定ですが、陸上でセットしてから
海に入るのですか?
  1. 2007/12/12(水) 18:06:05 |
  2. URL |
  3. taro #q5I7iBXM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unyaraunyara.blog101.fc2.com/tb.php/11-be4ff381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
photographer Yoshi Hirata live in Cebu・Philippines.
This is a diary of the photograph taken in water.

セブ・マクタン在住 水中写真家Yoshi平田。
水中で撮影した写真の日記です。
掲載の写真の版権はすべて撮影者に帰属します。
無断使用は固くお断りします

著書   出版:海游舍 
「おらが海」
「With...」

生き物大好き。現在ワンコ8匹。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

海への思い

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。